一歩先の未来を共に見つめる、
“体と心のパートナー”
になりたい。

一人ひとりの生活を見つめた、
オーダーメイドやカスタマイズ。

今仙技術研究所は、福祉機器のスペシャリストとして、電動車いすのカスタマイズやオーダーメイドに柔軟に対応できる製造体制を整えています。

お客様の気持ちを汲み取り、ライフスタイルを理解した上で、その人の不安や要望に寄り添いながら、機器をカスタマイズしていきます。

お客様と近い距離で関わらせていただくことで、多様なニーズを蓄積し、よりよい商品開発や研究へとつなげています。

安全性・快適性の追求は大前提。
暮らしを支え、一歩先の未来へ。

1971年創業以来、豊富な知識や経験をもとに構築された開発・製造体制で、性能・品質を追求しながら、より安全で快適な福祉機器を世に送り出してきました。人間工学に基づいた研究に、高い製造技術を掛け合わせ、さらに各界のプロフェッショナルと手を組みながら、生活を支えるアイテムをつくり続けてきた実績があります。

しかし、我々が見たい景色は、さらにその一歩先。安全で快適であるのはもちろん、使う人の心が軽くなるような製品を目指すことで、もう一歩先、もう少し先の景色を見てほしい。自分らしく自由に暮らす毎日を支える、体と心のパートナーになりたいと願っています。

ものづくりのまち「各務原」だから
実現できた高いクオリティ製造力

岐阜県各務原市は、航空機や自動車関連部品の製造がさかんな「ものづくりのまち」。特に航空部品を手がける企業や工場が多いのが特徴です。圧倒的な「軽さ」「強さ」「精密さ」が求められる航空部品で培われた技術は、福祉機器とも好相性。

新技術の活用や、新素材の発掘など、“もっと軽く、もっと良いものを”という志で、新しい技術や材料も柔軟に取り入れながら開発を進めています。

高い製造力を誇る地元の協力会社・協力工場と手を組みながら、福祉業界に新たな価値を提供する今仙技術研究所。この土地だからこそできる、未来の福祉機器開発・製造を究め続けていきます。