義肢

SP1120 / SP1130
KATANAα(カタナアルファ)
KATANAα junior(カタナアルファジュニア)

2021年9月販売開始
  • 体重制限 50~85kg

「歩く」から「走れる」へ、障がい者の夢を叶える

スポーツ専門メーカーのミズノと共に開発した、スポーツエントリー層に向けた足部です。
これまでの競技用板バネ製作のノウハウを生かし、初めて走る人を対象にした、エントリーモデルとして軽量で扱い易い足部となっています。

●「KATANAα」の特長

①日常用義足からの取り換えが容易
 「KATANAα」は日常用の義足ソケット・部品を利用して使用できるため、使用者の金銭的負担も軽減されます。
 また、「KATANAα」は下腿義足、大腿義足のいずれにも対応しています。

②専用ソールを装着することで、トップモデルに近いバネ特性を実現
 スポーツシューズの様な適度な厚みを持たせたミッドソールは適度な硬さと弾力性を持たせることが可能になります。
 力が加わる接地時のたわみがトップモデルに近いバネ特性を発揮します。また、アウトソールにはシューズ作りのノウハウを生かし、滑りにくい意匠を採用しています。

③アライメント研究により導き出された形状
 「KATANAα」は、株式会社ケイズデザインラボ(本社:千代田区 代表取締役 小浦芳生 以下、ケイズデザインラボ)が開発した、スポーツ・レクリエーション用義足板バネアライメント計測技術により、日本の下肢切断者に適した板バネ形状が導き出されました。
 義足でスポーツを行う上での難題であるアライメント調整を簡単に行うため、ミズノと今仙技術研究所の協力でケイズデザインラボが、下肢切断者の身体情報に基づいた競技特性と板バネ選択、組み付け情報のマッチングシステム「アライメントノート」を開発しました。
 この情報により、障がい者がスポーツ活動を実施する上での障壁の改善が期待できます。

「アライメントノート」コンセプト映像  https://www.ksdl.co.jp/dcd/alignmentnote/

※価格はオープン価格です。
※仕様などのお問い合わせは今仙技術研究所へお願いします。

製品仕様

モジュール番号 SP1120/SP1130
製品名 KATANAα(カタナアルファ)/KATANAα junior(カタナアルファジュニア)
材質 CFRP
カテゴリー 大人用3種類/子供用2種類