義肢

小型油圧単軸膝
M0703 Dolphin

随意制御だけで、あなたは歩けます。
活動度:3~4
  • 完成用部品
  • 体重制限 100kg
  • 重量 495g
  • 最大屈曲角 180°
  • 遊動
  • 単軸
  • 油圧
  • アルミ

製品特長

Dolphinは、体重100kg以下の随意制御が可能な方に適した膝継手です。活動的な歩行や、軽い運動などダイナミックな動きをサポートします。

軽量・スリム・コンパクト

主要構成部材にアルミニウム合金を用いることで軽量化しました。スリム・コンパクトであるため、子供や女性など細身の方でもフォームカバーをスマートに仕上げることができます。

伸展補助ばね

Dolphinは伸展補助ばねを油圧シリンダに内蔵しています。

安定性の高い膝軸位置

Dolphinは膝軸位置を後方に設定することで、立脚相初期の安定性を高めました。膝継手の随意制御をより少ない筋力で行うことができます。現在、遊動単軸膝を使用されている方はもちろん、荷重ブレーキ膝のブレーキ感度を最小にして使用されている方など、随意制御が可能な能力を持っている方にご使用いただけます。随意制御が可能な能力を持っている方には、立脚相制御装置がない方がより自然に歩行することができます。

プレ・スイングを考慮した油圧シリンダ

『立脚相の最終段階で起こる膝継手の屈曲』のことを、『遊脚相に向けての膝継手の予備的屈曲』と言う意味で『プレ・スイング(Pre-Swing)』といっています。(図1)

膝継手の油圧シリンダの特性は、プレ・スイングのしやすさに影響します。屈曲開始と同時に強い油圧抵抗が発生する油圧シリンダでは、この強い油圧抵抗が妨げとなってプレ・スイングが難しくなります。従来の油圧膝では、プレ・スイングが難しいものが大多数であったため、多くの装着者に「油圧膝は膝の振りが重い」と評価され、使用することを敬遠されていました。(図2)

Dolphinは、プレ・スイングのしやすさを考慮して、油圧シリンダの屈曲開始時の油圧抵抗を小さくなめらかにしました。Dolphinはプレ・スイングがしやすいため、振り出しを軽く楽に感じられ、遊脚相への移行がなめらかにできます。その後、屈曲角度の増加にともなって徐々に油圧抵抗が増加し、歩行速度に合わせて踵の蹴り上がりを抑制します。

図1 プレスイング
図2 油圧シリンダの特性(イメージ)

調節方法

屈曲抵抗の調節
Dolphinの油圧シリンダは特殊な工具を必要とせず、手で油圧シリンダを左右に回転させることで屈曲抵抗の調節ができます。Swanを後方からみて、右方向に回すと屈曲抵抗が増加、左方向に回すと屈曲抵抗が減少します。 Dolphinの油圧シリンダの最大屈曲抵抗は、当社製品中最大のものです。装着される方の活動的な歩行や、軽い運動などで優れた歩調追随性を発揮します。

伸展抵抗の調節
油圧シリンダ上方にある、調節ねじを六角レンチで回すことで伸展抵抗の調節ができます。調節ねじを時計回りに回すと伸展抵抗が増加、反時計回りに回すと伸展抵抗が減少します。

製品仕様

モジュール番号 M0703
製品名 Dolphin
活動度 3〜4
体重制限 100 kg
重量 495 g
全長 187 mm
全幅 54 mm
材質 アルミ合金
遊脚相制御装置 油圧シリンダ
立脚相制御装置
最大屈曲角度 180°